09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫からお小遣い減額の申し出がありました

先日、夫から、お小遣い減額の申し出がありました。

大分前に、夫のお給料が減額されることを書きましたが(過去記事こちら)、

いよいよ、それが現実のものとなりそうなのです。

当時は、年収30万円程減るみたいと夫は言っておりましたが、

どうも、もっと減額になるようでして・・・。

「お給料に見合ったお小遣いにしないとね。」

ですって・・・。

えらいっ!!

夫の鑑の様なヒトだわ!夫!!

そんな健気な夫の言葉に対する妻の第一声は、

「やーよ?妻の分は下げないわよ?」

・・・。

勿論、わざと言ったのですが、ちょっといただけなかったかしらと、ちょっとだけ反省。

「妻は下げなくていいよ。」

と、当の夫は、あくまでも自分の分を下げるとおっしゃる。

ちなみに、夫のお小遣いは月額2万円です。

妻のお小遣いは月額1万円。

これも、書いたことがありますが、

我が家のお小遣いは、ホントにお小遣いです。

と言うのは、

平日の昼食代(妻の手作り弁当)や、散髪代、衣服代や交際費(香典などね)、更には飲み会費まで、全て家計から支出しています。

なので、夫のお小遣いは、2万円と一見少ない様ではありますが、自分の好きなことに全額使っても、日常生活には全く困らないものなのです。

そして、そのお小遣いは、妻や実家へのお土産代に化けることが多いという、全く感心するくらいの使いようです。

ただ、お小遣いを貯金するということは、あんまりしてないみたいだけど・・・。

とにかく、

時々は、お小遣い少ない少ないと言いながらも、堅実に(?)使い、お給料が減ったから減額しようと言う健気な夫のお小遣いを、ホントに減らすと言うほど、ワタクシも鬼ではありません。

「何とかなるわよ。」

いやいや、何とかしなきゃ。

お金は貯めればいいと言うものではなく、使ってこそのものだと思うので、

毎日毎日残業残業、休日も返上状態の夫がいただいた大事なお給料は、家計では大事に使わせていただくけど、夫には自由に使えるお金が全然足りない!とは思わせる訳にはいかないわ。

ただ、

月額2万円というお小遣いは、決して多くはないけど、全く自由に使えるお金が月に2万円、そして、ボーナスからのお小遣いに加えて、株の配当は全額(夫名義の分ね)、他にも臨時収入が時々あるので、

決して少ないとは言えない程の金額にはなっているはず。

多いとも少ないとも思っていない、というのが妻の正直な気持ちなので、

現状維持!で行きたいと思います。

「じゃぁ、何を削減するのー?」

と、夫は現実的なことをおっしゃいますが、

例え、夫婦の毎月のお小遣いを全額廃止にしても、お給料削減分には追いつかないのであれば、

他の支出項目も見直さないといけないし、

収入が減るのなら、収入を増やすことを考えればいいのであって、

いざとなれば、妻が働くわよ!

という気持ちではおりますが、

体調が悪いから仕事を辞めただけあって、

体調の波は、割と襲ってくるので、継続的な仕事は無理かなぁと思ってもいます。

まぁ、今年は、アベノミクスのお陰で、株の利益が得られたのでヨシ!としても、

来年以降はどうなかぁ・・・。

でも、収入の道は考えとかないとね。

色々、勉強(本を読んでいるだけ)はしているけど、考えるよりも行動した方がいいのかも。

とりあえず、そろそろ今年も折り返し地点となりますが、あと半年、資産運用(と言える程はないけど)を頑張ってみようと思っているところです。

毎年、数パーセントの運用が出来れば、このまま家にいてもいいんだけどなぁと思ったり、

でも、家にばっかりいるのもね、とも思ったり。好きだけど

夫は、貯金のペースを落とすわけにはいかないと申しておりました。

だから、お小遣い削減しなきゃと思ったそうですが、

我が家の貯金のペースって、どれくらいなのか、夫はきっと分かっていないと思う・・。

毎年、年末には我が家の資産手帖を見せて、報告はしておりますが、

夫の関心事は総額だけであって、内訳やらその年の増額分やらには、さほど興味を示しません。その時は「へ~スゴイね~」とか言ってるけど

それでも、

夫が貯蓄ペースを気にするとおっしゃるのなら、ペースは落とさない様にしましょ?←どうやって??

どちらにせよ、

夫のお小遣いを減らすことだけはしなくていいようにしたいと思います。

勿論、妻のお小遣いもね♪だから、どうやって~??

↓応援していただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

年末の収入とお小遣いの配分

明けましておめでとうございます。

毎年のことではありますが、正月三が日はあっという間に過ぎ、夫は今日が仕事始めです。

久々に早起きし、正直眠いのですが、早く一日のリズムを取り戻さなくちゃね。

さて、昨年末の話になってしまいますが、

仕事納めの日に、夫が年末調整表を持って来ました。

毎年5万円程の還付があっていたのですが、昨年は途中で妻が扶養に入ったので、少し多めに戻ってくるかも~と期待してはいたのですが(←この辺りの事情には疎いので、正直よくは分からないのですが)、10万円を超える還付金をいただきました♪

別に得をした訳ではないと分かってはいても、やっぱり嬉しいものです。

次に、掛け捨て保険の還付金。

昨年はほとんどなかったのですが、今年は保険の請求が少なかった様で、2万円弱の還付金がありました♪

そして、年末ジャンボ宝くじ。

当選金、3,600円でした~。

始めに買った10枚が3,300円当たっていて、後で攻めて買った10枚が300円でした。

攻めに失敗したようです。

やっぱり我が家は10枚が適当な枚数だわ、という結論に二人で達しました。

ところで、これらのお金の行方なのですが・・・。

毎度夫は、

「オレの♪」

と主張するのですが、主張するだけです。

「いいよ。」

と言うと、

「え~?いいよ~。」

と、辞退するという、妻からすると、よく分からないけど有難いヒトです。

それと、冬のボーナスのお小遣いの金額をまだ決めていなかったので、

「ボーナスのお小遣いはいくらにする?」

と尋ねると、

「いっぱい。」

と答えるのですが、

「じゃぁ、5万円でいい?」←いつもは大抵3万円程です

と聞くと、

「そんなに要らないよ~。」

と言うヒトです。

主張はするけど、いざ金額を示すと要らないと言うの。

ついでに、夫は昨年勤続20年を越えたので、組合から数万円頂けるようなの。

夫が、

「来月くらいにもらえるけど、どうする?」

と聞いてきたので、

「夫が頑張ったからもらえるお金だから、夫が使えばいいよ~。」

と言うと、

「え~?そんなこと出来ないよ~。」

と答えました。

欲があるんだかないんだか、って感じのヒトです。

お小遣いは3万円ずつとか、お祝い金は半分ずつとか夫は提案してくれましたが、結局、

ボーナスのお小遣いは5万円、勤続20年のお祝い金は夫に渡すことにし、年末調整と保険の還付金は例年通り家計に入れることにしました。

夫が、

「こんなにもらっていいの?どうしてそんなに優しいの?家計は大丈夫なの?」

と聞いてきたので、

「!」

と、家計のことを全く考えてなかったことに気付きましたが、なんとかなるでしょ(←ホントに考えておらず、その後慌てて今後夏のボーナスまでの支出予定を計算しました。なんとかなるでしょ。)

いいの~?と何度も聞く夫は、

「もらえる時にもらっておいた方がいいよ?夏からは分からないわよ?」

という妻の言葉に妙に信憑性を感じた様で、やっと5万円を受け取りました。

妻のボーナスからのお小遣いは2万円にしました。

夫は同額にしようと言ってくれましたが、それこそ家計が気になるし、化粧品代を家計から出しているし、夫はお小遣いから色々買ってくれるし(!)充分かな、ということで決定しました。

それに、宝くじの当選金は妻にくれるでしょ♪と妻は勝手に思っていますが、どうかしら?

いつも妻に譲ってくれるし、今回はお小遣いが多かったし、きっと3,600円頂けると思います。


この様に、皆様のお役に立つ記事は書けませんが、今年も家計に関する記事を書いていけたらと思っております。

よろしくお願いします。


↓応援していただけると嬉しいです
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

家計の見直し・おこづかい

管理人が退職するにあたり、夫に、

「これからも貯金出来るかなぁ・・・」

と言うと、

「ん?小遣い減らす?減らす?」

と、何故か嬉しそうに聞いてきました。


減らしていいんですか・・・・・?(ホントに?)


結婚当初、おこづかいは、夫婦それぞれ月に4万円でした。

昼食代は込みでしたが、散髪代、お化粧品代、ガソリン代等、仕事や生活に必要なものは家計から出していたので、余裕がありました。(お酒や、お菓子類も家計から出しています。)

しかし、数ヶ月後に転勤に伴う引っ越しで、家賃が上がったため、おこづかい月額35000円に減額。

数年後、お給料減により、3万円に減額。ただし、仕事上のおつきあいの酒席代は家計から、ということにしました。

そして、今回。

管理人の退職により、夫2万円、妻1万円に減額することにしました。

ただし、お弁当を作ることにしました。

これまで昼食代はおこづかいから出していたので、3万円のうち、500円×20回=1万円は、昼食代でした。

今回、この1万円をお弁当を作ることによって、夫のおこづかいから削減した訳です。

なので、管理人は自由に使えるお金が減りますが、夫の自由に使えるお金はあまり変わらないという計算です。

それなのに、「減らす?」などと言っていた夫は、妻からその旨宣告されると(勝手に決定しました)

「えー?減らすの~?」

と、びっくりしていました。

夫本人の自由に使えるお金は変わらないと説明しても、

「え~?えぇ~?」

と、いつまでも楽しそうに(?)叫んでおりました。

作れなかった場合は、妻のおこづかいから500円をお弁当代として渡そうと思っています。

かなり「え~?」と叫んでいた夫も、お弁当を注文したり買いに行ったりする手間が省けて、しかも健康的でいい♪と今では喜んでくれています。

管理人も、余ったおかずをお昼に食べることが出来るので、お昼は楽でいいです。

今のところ、欠かしたことはありません。

食費も退職前に比べて、これまでの二人分の昼食代2万円より多く上乗せされるようなことは今のところ無いので、節約に成功といったところでしょうか。

ところで、夫は、妻のおこづかいも夫と同額にしようと言ってくれましたが、管理人の中では、これまで通り化粧品代や美容院代を家計から出すことにすれば(まだまだ甘いかな)、これまでの職場でのおつきあい費が無くなるので、十分かな、と思い、

「試しにやってみよう」

ということになりました。

数ヶ月経ちましたが、夫はこれまでどおり仕事帰りには、お花やら果物やらを、飲み会の帰りには、お寿司やたこ焼き等のおみやげを買って来てくれます。(お花は綺麗にラッピングされたものではなく、新聞紙にくるんでもらって来ますが。)

ついつい管理人も、

「今日のおみやげは?」

などと聞いて、手荷物を確認してしまうくらいです。

多くはないお小遣いから、ありがとね、夫。

そして、妻は減ってしまったお小遣いの中から、退職前と同様に、
「夫に内緒の自分貯金」を続けることが出来ています♪


↓応援していただけると嬉しいです
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村



プロフィール

エトランゼモモ

Author:エトランゼモモ
                              十余年のディンクス時代を経て、専業主婦になりました。

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

月別アーカイブ

Bookmarks

にほんブログ村 家計管理・貯蓄                                             人気ブログランキング  

参加しています

    (過去記事お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布     (過去記事マクロミルへ登録      (過去記事) 新規モニター登録     (過去記事

お世話になってます

                                                         管理人も頑張ってます        (過去記事)      
                                                                                                             始めました!セゾン投信                  (過去記事)                                                      お得です                  (過去記事          オイシックス                                                                                            

応援していただけると嬉しいです

楽天おすすめ

お気に入り♪

お灸です         糠漬け用に

お願いしてみました

             (過去記事)

☆☆☆

                                       

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

2011.8.1~

☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。